アレンジやお手入れについて

アレンジやお手入れ記事一覧

前髪に分け目をいれる。前髪ぱっつんに姫カットを購入して、少し飽きてきたら、分け目を入れてみるという方法があります。モデルさんの画像などでは、姫カットのウィッグに分け目が入っているものなどがあると思います。これは、ヘアアイロンで癖付すれば簡単にできます。もちろな耐熱使用のウィッグである必要があります。曲げたい方向に、くるりと一回転、コテで巻けば簡単にできます。ぱっつんにシャギーを入れる方法前髪ぱっつ...

ウィッグは仕様頻度やお手入れによって全然寿命が違ってきてしまいます。安いものなので、2〜3年使えればもとはとれると思いますが、毎年流行や新作が出てくるので、もしお気に入りのものがあったとしても、数年後にはもう販売されていないなんてこともあるので、できれば気に入ったものは、長く使えるようにちゃんとメンテナンスしたほうがいいでしょう。お手入れ方法の基本前髪ウィッグならば、ファイバーの量は少ないので、シ...

前髪ウィッグも、フルウィッグ同様、使用しているうちにファンデやほこり等の汚れがつきます。清潔に保つことで、ウィッグも長持ちしますし、気持ちよく使用できますよね。前髪ウィッグをいつも清潔に保つためのシャンプー・リンスの方法を紹介します。前髪ウィッグのシャンプー&リンスの方法・洗面器に水かぬるま湯を入れ、シャンプー(市販のものでOK)を3、4滴入れて泡立てます。・前髪ウィッグをそっと入れて、1〜2分浸...

いざウィッグをつけようと思ったら、へんな癖がついていたなんてことのないよう、効率的なウィッグの収納方法を教えます。お出かけ編旅行などの外出時に前髪ウィッグを持っていく場合は、メッシュポーチに収納すると、鞄に入れてもかさ張らないのでいいですよ。メッシュポーチは前髪ウィッグのサイズにぴったりなんです。自宅で収納編自宅で収納する場合は、ミニトマトが入っているような透明の蓋つきケースに入れて収納するといい...

年配の方は白髪隠しで髪を染めますが、若い方も好みの毛色に染めている方は多いですよね。むらなく全体を染めるため、美容院で染めてもらう方も多いと思います。けれど、一か月を過ぎた頃から、頭頂部や生え際に黒い地毛が出てきます。美容院へ行くのも億劫になりがちですが、そういう時にウイッグは、とても便利で活用できます。ウィッグにも種類があって、部分的な物やフルウィッグ等があります。なるべく自然に見えるようにした...

page top