ウィッグの生え際を自然に見せる方法

前髪の生え際を自然に見せよう

年配の方は白髪隠しで髪を染めますが、若い方も好みの毛色に染めている方は多いですよね。

 

むらなく全体を染めるため、美容院で染めてもらう方も多いと思います。

 

けれど、一か月を過ぎた頃から、頭頂部や生え際に黒い地毛が出てきます。

 

美容院へ行くのも億劫になりがちですが、そういう時にウイッグは、とても便利で活用できます。

 

ウィッグにも種類があって、部分的な物やフルウィッグ等があります。

 

なるべく自然に見えるようにしたい為、前髪の生え際には気を付けないといけません

 

一般的には、ウィッグ生え際は前髪で隠れますが、強い風が吹くとめくれあがってしまう時があります。

 

そうなると、どうしてもウィッグ生え際の不自然さが気になり、マイナス思考になってしまいます。

 

フルウィッグの中には、生え際部分が、従来のネットではなく、レース素材やスキン素材を使って、自然に毛が立ちあがっているように見せる物もあります。

 

スキン素材はより肌に近く、本物に近い生え際を再現でき、レース素材は、通気性が良くて肌馴染みもいいです。

 

自分で生え際をつくる方法

毛束を使って、簡単に自分で生え際を作る方法もあります。

 

ウィッグ生え際の境目が気になる中央の部分に、毛束を幾つか貼り付けて、他のウィッグの部分と馴染ませます。

 

不要な部分をカットしたり、くせを付けたりすると、より一層自然なウィッグ生え際に近くなります。

 

毛束は、自分で作ったり、部分用の物を使ったりします。

 

貼り付けは、つけまつ毛を付ける接着剤など、皮膚に使っても大丈夫なものを使用します。失敗してもやり直しがきき、自分で好きなように生え際を作ることができます。

 

年齢によっても、好みの髪型は変わってきますし、自分流にアレンジするのも楽しいでしょう。

 

必ずしも完璧な対策はないでしょうが、何でも試してみないとわからないものです。

 

より自然に見えるように試行錯誤し、自分に適した物が見つかれば、外出するのが楽しくなる筈です。

 

 

 

 

page top